TOPInformationEXHIBITION10/25~1/21 経営デザインプロデューサー育成講座

10/25~1/21 経営デザインプロデューサー育成講座

2019/09/12

10月25日から1月21日まで4回に渡って開催される経営デザインプロデューサー育成講座【美的感性と表現技法の修得 
『 ビジネスに生かす美的感性 』~共感を育む 価値を高める~】の回に村田が講師として参加することが決定致しました。
村田は10月25日、1月21日の回に登壇致します。(こちらの講座は4回連続講座となっております。特定の日のみの受講はできません)。
また、受講は無料となっており、参加した方限定で村田の著書「感性ポテンシャル思考法」をプレゼント致します。
是非ご参加下さい。



■経営デザインプロデューサー育成講座
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
かつてないほどに変化の波が打ち寄せるビジネスシーン。加速力を高めながら進化するテクノロジーに導かれ、モノ作りもサービスも、ローカルもグローバルも、
容赦ない更新要請にさらされています。社会全体は、VUCA(ヴーカ)のただ中に。Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、
Ambiguity(曖昧性)―先行きが見えない世界で、リーダーは解決を迫られています。どのように企業をサバイブさせるのか。
目指すべき一つのゴールとして、大阪デザインセンターは、「デザインとSDGs※を自社に引き寄せ、企業活動を通して社会貢献する」を掲げたいと思います。
企業はもはや自社の従来的なプロフィット追求にとどまらず、社会を良くするふるまいもコンピタンスとして磨き上げるべき。
その実現のためには、経営の意思決定に、先鋭かつ柔軟なイノベーターたるデザイナー(的な資質)がコミットすべきだと。

このゴールに向かうアプローチが、5つのカテゴリーからなる「経営デザイン・プロデューサー育成講座」です。ビジョン駆動型でSDGs視点のソリューションを生み出す、
最旬のデジタル・トランスフォーメーションを目撃する、本物の美に感性を開く、意匠の知財最前線を学ぶ、著名クリエイターからアイデア発火と事業へのパッションを聞く。
これらの学びを通して、次なるフェイズの経営を担うリーダーを育成します。
体得できるのは、カタチではなく、意味をデザインし直すアティチュード。それは、未来を選び取るための強靭なエンジンになるはずです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


【美的感性と表現技法の修得  『 ビジネスに生かす美的感性 』 ~共感を育む 価値を高める~】
共感醸成、ブランド作りにもつながる感性価値を学ぶ。曖昧にとらえがちな「感性」をロジカ
ルに分類・理解。さらに、美が生まれる場を体験することで、学びを確かなものにする。
※10月スタート、4回連続講座。無料。

■日 時■
・第1回 2019年10月25日(金) 14:00~17:00
・第2回 2019年11月19日(火) 15:00~17:00
・第3回 2019年12月17日(火) 15:00~17:00
・第4回 2020年1月21日 (火) 14:00~17:00

■定 員 : 各20名(定員になり次第締め切ります)
■受講料 : 無料(4回連続講座)
■特典:「感性ポテンシャル思考法」一冊

■場 所■
【10/15、1/21】
・日本綿業倶楽部「綿業会館」本館3階 中会場
大阪市中央区備後町2丁目5番8号
(Osaka Metro 御堂筋線「本町駅」①または③番出口より 徒歩5分
Osaka Metro 堺筋線「堺筋本町駅」⑰または⑫番出口より 徒歩5分)
 
【11/19】
・主水書房(大阪府堺市堺区陵西通2-15)
        (南海高野線「堺東」駅から徒歩11分
JR阪和線・南海高野線「三国ヶ丘」駅から徒歩15分)

【12/17】
・ギャラリーファインアート(大阪市西区立売堀1-6-10 奥成ビル3F)
(地下鉄四ツ橋線・中央線 本町駅下車㉒番または㉓番出口より 徒歩3分)


■講演内容■  
【10/25】「感性ポテンシャル思考法」  ※村田智明
「感性」と聞いて、なにを思い浮かべるだろうか? 感性とは「コミュニケーション能力」だ。
感性というのは人に伝えて初めて感性になるのであり、表現したり、行動しなければ、感
性があるとはいえない。感性が可視化されると、共感力の高いビジネススキームを自在
に生み出すことができます。ビジネスにおいて、感性が成功要因となることを学びます。
前半30分は、会場であり、国の重要文化財に指定されている「綿業会館」を見学します。
1931年に竣工され、普段は会員しか入れない建物となっており、歴史と伝統ある様式
美を堪能します。

【11/19】 「伝統美と革新美のいけばな」 ※北中正紀 氏
3万本の桜の枝だけで作った大きなインスタレーションを佐川美術館にて発表。多くの人の心を打った「桜」という題材。東日本大震災後の福島へ移住し、福島の花をいけつづけた日々に感じたこと。
「咲いているときより美しく」花をいけるという想い。「いけばな」について感じることをトークいただきます。生と死、伝統と革新の共生が、感性を揺さぶります。

【12/17】 「現代アートから学ぶ価値」 ※北中正紀 氏
現代アートのアーティストの作品の見どころを、ギャラリーのオーナーにお聞きします。現代アートが持つ斬新さやオリジナリティーが感性を刺激します。なんとなく敷居が高いギャラリーですが、
美術展では分からない、作品につけられる値段にも注目です。なぜこの作品がこの値段なのか…こういったこともビジネスに必要なスキルです。

【1/21】 「使いこなす事業プランシート」 ※村田 智明
「感性ポテンシャル思考法」の巻末付録として、5つのフェーズに分けた事業プランシー
トがあります。この事業プランシートを使い、実際に「感性」を可視化するワークショップを
行います。

◎講師プロフィール
(10/25、1/21)
・株式会社ハーズ実験デザイン研究所 代表取締役  村田 智明
(11/19)
・花道みささぎ流 三代目家元 片桐 功敦 氏
(12/17)
・ファインアート株式会社 代表 片野田 旨侶 氏

コーディネーター:(11/19、12/17)
・株式会社こふれ 代表取締役  北中 正紀 氏

■主 催 : 一般財団法人大阪デザインセンター