TOPInformationEXHIBITION日刊工業新聞に掲載されました。

日刊工業新聞に掲載されました。

2017/05/15
本日5月15日発売の日刊工業新聞に、村田智明が講演しました「価値創造型サプライチェーン検討会」の
特集が掲載されています。
村田智明のインタビューも載っておりますので、
是非ご覧ください。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【価値創造型サプライチェーン検討会】
テーマ「製造業からクリエイティブ産業へ~八尾市製造業とデザイナーたちによる脱製造業の取り組み~」
    
当検討会では、人の心と行動の科学をベースにしたビジネス理論と実践手法(Human Focused Theory)を中心に、
価値創造型の企業ひいては価値創造型のサプライチェーンをいかに構築するかを、4つのテーマ(価値創造型マーケティング、
価値創造型サプライチェーン、ユーザーエクスペリエンスデザイン、オープンイノベーション)から議論を続けています。

今、世界のビジネスシーンでは「デザイン思考」「クリエイティブ・シンキング」といったテーマが盛んに議論され、
積極的に取り入れていこうとする企業が増えており、モノづくり企業のなかでもその気運は高まっています。これには、
現在の新たな社会で価値創造を行うには、従来のような品質、コストパフォーマンスといった要素とは別に、
デザイナーやアーティストらの持つ“クリエイティビティ”が必要であることが背景にあります。

そこで今回は大阪府八尾市の製造業の取り組み*1を題材に、memesスクエア・奥田充一氏、ハーズ実験デザイン研究所・
村田智明の二人のデザイナーと、実際に新たな取り組みに臨んだ企業様を迎え、「製造業からクリエイティブ産業への転換をいかに行うか」を考える機会とします。
    
*1 八尾市では、市内に事業所を持つ中小企業を対象に、日本を代表するプロダクトデザイナーがプロデューサーとなり、
販路開拓を見据えた製品・サービス開発をサポートする事業、『八尾市製品・サービス開発型クリエイティブ産業創出事業』を推進しています。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------